遂に風俗の味を覚えた自分

今までは意識していなかった訳ではないんですけど、ただあまり機会ってものがなかったのもあって風俗とは無縁の生活を送っていたんですけど、出張した先であまりにも退屈だったのでデリヘル嬢を呼んだんです。それが自分の中でトリガーというか、何かが目覚めてしまったんですよね(笑)それ以来、風俗が欠かせない生活になってしまいました。まさか自分でも自分がそんな状況になるとは思ってもいませんでした。でも今では次はどこに行こうかなって事で体験談(風俗に輝きを!)とかポータルサイトと見る始末。しかもポータルサイトでは某大型サイトが良いなとか、自分なりにいろいろと評価までしちゃうようになったんですから。一昔前の自分では本当に考えられない事ですけど、でも今ではそういった事を考えるのが大好きなんですよね。年齢なのか、はたまた価値観がそうさせているのかっていうのは自分でもよく分からないんですけど、それでも楽しいのでありかなって思っています。

風俗の味

デリヘル嬢に気を使う事が快感の近道

性欲を満たしてくれるって言ってもそこはデリヘルだってお客あってこそっていうか、お客がお金を払っているサービスだからこそだと思うんです。それに関しては当然なんですけど、でもだからってデリヘル嬢に一切気を使わないってのもそれはそれで違うんじゃないかなと。むしろデリヘル嬢だって技術職っていうか、上手な子とそうじゃない子がいるんですし、それに上手な子がどうやってこちらに快感をもたらしてくれるのかって言ったら女の子の気持ち次第じゃないですか(笑)モチベーションが低かったらどれだけ上手な子でもやっぱり快感は半減しちゃうでしょうからね。だからより素晴らしい快感をって思ったら、自分に合う女の子を探すのも大切だとは思いますけど、女の子に気を使ってみるのも良いんじゃないかなって思いますよ。むしろしっかりと気を使う事で女の子もこちらに対して申し訳ないとか、一生懸命やろうって気持ちになってくれたりするんですよ。まさに人は自分の鏡ってやつですね(笑)